個人輸入代行フリーベルスタイル > 海外通販マメ知識 > 第6話 バックオーダーって何?

第6話 バックオーダーって何?

日本の通販にはほとんどないけど、海外通販では当たり前になっているシステム… それが「バックオーダー」です。
「バックオーダー」とは、注文時に一時的に品切れになっている商品を、入荷次第後から送ってくるシステムです。
 
「バックオーダー」の表示は、サイトにより様々で、主に次のような方法で「バックオーダー」かどうかがわかります。
1. サイトの商品ページに「バックオーダーになる」と書いてある。
2. 商品をカートに入れてみると「バックオーダー」と表示される。
3. 注文後ショップからのメールが届き、バックオーダーになる旨が書かれている。
4. 在庫のある商品が配送された際、Invoice(納品書)に「バックオーダー」になっている商品があると書かれている。
つまり、3・4の場合は、注文時には「バックオーダー」があるかないかはわからないのです。
 
■バックオーダーがあった場合、送料はどうなるの?
■【アメリカ・イギリス国内の送料】
ほとんどの場合1回分のみがかかり、「バックオーダー」商品が配送される際に、追加で送料がかかると言うことはほとんどありません。ショップにより、配送するたびに送料がかかるケースがあります。
 
■【アメリカから日本までの送料、日本国内送料】
フリーベルスタイルでは、「バックオーダー」が発生した際には、「先に届いている分だけを先にお送りする」か、「バックオーダーの分が届いてからまとめてお送りするか」をお客様へ確認し、ご希望に沿うようにしています。
「アメリカ事務所」の保管スペースの関係上、「日本事務所」へは届いたものから順に配送しますが、「全ての商品が揃ってからの配送」を希望される場合は、「アメリカから日本までの送料」と「日本国内送料」は1回分で計上いたします。
届いたものから順にお送りする場合は、「アメリカから日本までの送料」と「日本国内送料」は複数回分かかりますので注意くださいね。
イギリスの場合は、郵便送料が実費となりますので、「バックオーダー」があった場合でも、送料に大きな差は生じませんが、届いたものから順に送る場合は「日本国内送料」が複数回かかります。
 
■バックオーダーの入荷時期
「バックオーダー」が発生した場合、「●頃入荷される」と、書かれている場合もあれば、書かれていない場合もあります。
また、「●頃入荷される」と、書かれている場合でも、それが延期になるケースも多いです。(特にアマゾンの入荷予定は変更が多いので注意です!)
つまり、はっきりといつ入荷されるか、確約はされておりません。
海外のショップは、何事にもいい加減なことが多いです…。
バックオーダーの分が一週間程度後に送られてくることもあれば、何ヶ月も後になってやっと届く、または結局品切れになってしまうこともあります。
 
■こんなときどうする?
さて、バックオーダーで注意したいのは
・○月○日までに絶対欲しいもの
・季節が関係あるもの(衣類など)
・子供服、子供靴
などです。
まず「○月○日までに絶対欲しい」ものは、いつ届くのかがわからないし、ショップにいつ届くかと聞いて、答え通りの時期に届けてもらえるとは限らないので、あてになりません。
また、季節が関係するもの、子供服などは届くのを待っている間に季節や子供のサイズが変わってしまい、着られなくなることも考えられます。
これらの商品は、事前に「バックオーダー」と分かっている場合にはご注意が必要です。
もし注文後に「バックオーダー」になってしまい、キャンセルを希望される場合は、特例で、ショップから発送される前まででしたら「キャンセル」を承ります。
フリーベルスタイルでは、「バックオーダー」が原因でお客様が「キャンセル」をご希望の場合、「商品代金」「代行手数料」などは一切いただかず、キャンセル処理の手続きは無料にて行っています。
ただし、既に「ショップから配送された」場合と、「キャンセルが受け付けてもらえない」場合は、アメリカ・イギリス事務所に届き次第「返品」することになります。
その際、「返品」にかかる「アメリカ・イギリス国内送料」の実費はお客様負担となります。
 
わからないことがありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。